理学療法士・医療環境管理士の先生よりコメントをお寄せいただきました。


Bバスター 現場の声

 

アムール訪問看護ステーション 

  (元 東海大学医学部付属病院・同付属大磯病院 勤務)

                  理学療法士・医療環境管理士  赤木昭博

 

私は理学療法士として、大学病院で12年勤務し、現在は在宅医療の現場に身を置いています。大学病院勤務時代は、ICTInfection Control Team)に参加し、多くの患者さんが利用するリハビリ室の感染対策を行っていました。様々な耐性菌を保菌されている患者さんなども当然リハビリを行います。そのため、感染性のある病原体を保有している患者さんを把握し、リハビリ室の器具や環境を除菌する必要がありました。その際、保有菌やウィルスに対応した濃度の薬剤を用いて環境除菌を行っていました。使用した薬剤は、アルコールや次亜塩素酸ナトリウムを主に使っていました。アルコールは扱いが簡単でしたが、アルコールが効かない病原体も多く、その時は次亜塩素酸ナトリウムを用いていました。しかし、次亜塩素酸ナトリウムは、効果は高いのですが、皮膚への悪影響や金属への腐蝕という欠点もあり、注意しながら環境除菌を行っていました。

 

その点、OCLで用いているBバスター(次亜塩素酸水)はpHが調整されており、次亜塩素酸ナトリウムに比べ、腐蝕が少ないという利点があります。また、インフルエンザウイルス、ノロウイルス、感染性大腸菌に至るまで、様々な病原体に効果があり、次亜塩素酸ナトリウムと同一濃度で比較すると、約80倍の除菌力があるとされています。そして高い消臭効果も有しています。厚生労働省からは食品添加物として認可されており、人体に安全等、利点が多くあります。

 

 現在、在宅医療において、感染症のある利用者さんや抵抗力が低下し易感染状態にある利用者さんの訪問前後、使用物品をBバスターを用いて除菌しています。アルコールよりも効果が高く、簡便・安全に使うことができ、大変満足しています。医療・介護施設・保育・教育機関における感染対策に幅広く利用できる除菌剤といえます。

 

 


製品サービスの詳しい説明は下記をクリックしてください。


 

『どこよりも親切・ていねいに!どこよりも安く!

オーシーエルサービスは取り組んでいます。

 

清掃全般・空間除菌・盗聴器調査は

ocl-sv.com